一般社団法人PENSEE(パンセ)│キャリアコンサルティング資格取得支援

一般社団法人PENSEE-パンセ-

TEL:06-1234-5678

キャリアカウンセリングとは

“自分らしい生き方”を支援する

“キャリアカウンセリング”と聞いてどんなイメージを持たれますか?学生の就職活動支援、求職者や転職希望者への就職斡旋・指導、というイメージが強いかもしれません。もちろんこれらも一部ではありますが、本当のキャリアカウンセリングはそれだけにとどまりません。“キャリア”とは“人生そのもの”。本当のキャリアカウンセリングとは、その人が“自分らしい人生”を生きることをサポートする専門支援活動です。悩みや問題の「答え」を提示、助言するのではなく、確かなカウンセリングスキルを用いて、相談者が自分自身で「答え」を出す手助けをし、その人らしい人生を送るサポートをする専門家。働き方や生き方に悩んだとき、そばに寄り添い、輝いた人生への一歩を踏み出す支援をしてくれる。それが本当の“キャリアカウンセラー”です。

変化と多様性の時代、輝いた人生を送るために

変化が激しく、労働観や幸福観が多様化し、一人一人固有の自分らしい生き方を求められている現代社会。専門スキルに基づき、一人一人に寄り添いながらその人の気持ちを受けとめ、共に“自分らしい生き方”の実現をサポートする“キャリアカウンセリング”の重要性が謳われています。

教育機関をはじめとして、行政機関や一般企業でもその活動、キャリアカウンセラーの活躍に注目が集まっています。

キャリアカウンセラーの活躍現場

現在では下記のようなキャリアカウンセラーが活躍されています。

  • 就労支援機関(ハローワーク等)
  • 人材ビジネス会社(人材派遣・紹介業)
  • 大学など教育機関のキャリア支援室
  • 企業内でのキャリア支援部門

キャリアカウンセラーになるには(資格)

現在、キャリアカウンセラー(キャリアコンサルタント)資格には、主に民間資格と国家検定があります。PENSEEでは、民間資格(標準レベルキャリコン)の一つであるCDAの実技試験(2次試験)と、国家検定である2級キャリア・コンサルティング技能士の実技試験(論述・面接)対策講座を開催しています。

民間資格(標準レベルキャリアコンサルタント)
CDA、GCDF-Japanなど、10団体があり、それぞれ養成講座を受講することで受験資格が得られます。団体により筆記試験や実技試験があります。
詳しくはこちら:CDA2次試験対策講座
国家検定(指導レベル・熟練レベルキャリアコンサルタント)
キャリア・コンサルティング技能士(1級・2級)があり、実務経験などの規定の要件を満たした方が受験資格を得られます。学科試験と実技試験(論述・面接)があります。
詳しくはこちら:2級キャリコン実技試験対策講座
                         

ページのトップへ