一般社団法人PENSEE-パンセ-

パンセ副代表の菅です

 

記録的な早さの梅雨入りですね…

変異株コロナ蔓延のニュースに加えて、雨模様の低い空に、閉じ込められ気分が増している私ですが、皆さまはいかがですか?

 

そんな私の脳と心に刺激を与えてくれたのが、5月9日に実施した「傾聴ワークショップ」での、「ダイアローグ」(対話)でした。“伝わらない”組織内のコミュニケーションのあり方を見直そうと、注目されているのが「ダイアローグ」(対話)のアプローチです。

「対話」は、「会話」や「ディスカッション」とは似て非なるもの。「会話」が通常のおしゃべりであり、単なる情報交換であるのに対して、「対話」とは人々がものごとや互いの立場を理解しあったり、わかったことを行動に移したりする、そのきっかけになるような「創造的なコミュニケーション活動」と言われています。互いの考えを深めあい、どこまでも探求し続けるコミュニケーションの形、それが「ダイアローグ」の本質。個人も組織も「対話」することで学び、成長し、変わることが期待できるのです。

 

キャリアカウンセリングにも重なる「対話」で、様々なテーマが語られました。私が特に深く考えさせられたのは、若者から第二の人生を目指すシニアまでの幅広い各世代において、“生きがい、やりがい”を支援する視点についてでした。また、コロナ禍の厳しい経済・社会環境下での最前線支援のあり方でした。

 

今回は、参加者のご希望で最後まで「ダイアローグタイム」でプログラムが進行しました。参加者の古和田氏が、当日の感想をFacebookに投稿して下さっていますので、是非お読み下さい。 目指す所や雰囲気が伝わる素敵なメッセージ、古和田さん、ありがとうございます!!

 

来月も「傾聴ワークショップ」は、第二日曜日の6月13日9時30分から、参加者のご希望に合わせた柔軟なプログラムで実施します。

関心がある方は、是非とも気軽に問い合わせてください。参加者それぞれに、新しい学びと発見がある「傾聴ワークショップ」。全国各地からの参加者があることを夢見ています。飛び込み参加も大歓迎です。

参加をご希望の方はお問い合わせ、お申し込みフォームよりご連絡ください!!

 

傾聴ワークショップ オンライン開催

 

【6月度のご案内】

6月も引き続きオンラインで開催いたします!

 

1.日時:13日(日) 9:30〜12:00

 

2.タイムスケジュール:

9:30〜11:00  全員で近況の報告や普段話せないことや聞けないことを対話するダイアローグタイム

11:00〜12:00   ダイアローグのテーマに関連した各種傾聴エクササイズ

 

3.ZOOMの案内:ID・PWは開催日前に参加者に送信