一般社団法人PENSEE-パンセ-

「キャリコンの本当の魅力って? ~未来を描くサポートの大切さ~」

みなさん、こんにちは。pensee代表の松尾です。
最近、ふと「キャリアコンサルティングって、世間にどう思われてるんだろう?」と考えさせられる出来事がありました。ちょっとお話しさせてください。

先日の勉強会の後、ある会員さんから面白い質問を受けたんです。
それが、私たちの業界の課題をズバリ言い当てているような内容だったのです。

世間の人たち、それにキャリコン資格を持ってる人たちでさえ、キャリアコンサルティングを「マイナスをゼロに戻す」お手伝いだと思ってる人が多いみたいなんです。
確かに、職場復帰のサポートや悩み相談も大事な仕事ですよね。でもね、それだけじゃないんですよ。
私が思うに、キャリコンの本当の魅力はこんなところにあるんです

1、過去のモヤモヤから抜け出して
2、今の自分らしさを見つけて
3、さらに、輝く未来を思い描いて実現する

この全部をサポートすること。これこそがキャリコンの真骨頂だと思うんです。
ところが不思議なことに、この「未来を描くサポート」の部分が、世間にはあまり知られてないみたい。
でも、penseeに来てくれるお客さんたちは、むしろこっちを求めてる人が多いんですよ。
「なりたい自分になるには?」
「目標に近づくには?」
「みんなが生き生きできる会社にするには?」
実は、現場ではこんな未来志向の話がメインなんです。
この「世間の認識」と「実際」のギャップを埋めていくのが、私たち業界の宿題だなって感じています。そのために必要なのは

・キャリコン自身が、自分たちの仕事の奥深さをもっと理解すること
・penseeのような団体が、キャリコンの本当の価値を世間に広めていくこと

これが大切だと思うんです。
みなさん、キャリコンは「マイナスをゼロに」するだけじゃありません。「ゼロからプラスへ、そしてもっともっと上へ」と人を導く力があるんです。この素晴らしい可能性を、もっとたくさんの人に知ってもらって、活用してもらいたい。そう思って、これからも頑張っていきます。

上部へスクロール