一般社団法人PENSEE-パンセ-

今週のキャリアカウンセリング実践勉強会は、カウンセリングの実践を通じて、自己理解やクライアントへの寄り添い方について深く掘り下げる時間となりました。

参加者からは、様々な角度から意見や感想が寄せられ、カウンセリングの多様性と奥深さを改めて感じる機会でした。

特に、カウンセリングの中での「分岐点」に焦点を当て、それぞれの状況に応じた対応の仕方について話し合いが行われました。

参加者は、実際のカウンセリング場面を想定し、どのようにクライアントのニーズに応え、その成長を支援するかについて意見を交わしました。この交流から、カウンセラーとしての柔軟性と創造性が重要であることが改めて共有されました。

また、カウンセリングにおける「感情の聞き出し方」についても深い議論が行われました。

特に若いクライアントや感情を表に出しにくいクライアントとの対話において、どのように信頼関係を築き、真の感情を引き出すかが重要なテーマとなりました。参加者は、様々なテクニックやアプローチについて学び、実際にシミュレーションを行うことで、理論を実践に落とし込むことができました。

この勉強会を通じて、参加者はカウンセリング技法の理解を深めるとともに、自身のカウンセリングスタイルについても見直す機会となりました。実践を重ねることで、より効果的なカウンセリングができるようになることを今後も目指していきます。

今後もカウンセリングの技術向上を目的とした勉強会を定期的に開催していく予定です。興味のある方は、ぜひご参加ください。