一般社団法人PENSEE-パンセ-

キャリアカウンセリング実践勉強会:主訴の共有と問題発見の醍醐味

今週もキャリアカウンセリング実践勉強会を開催しました。今回のテーマは「面談の方向性と問題の共有」です。
参加者の皆さんには、小グループに分かれて実践的な練習を行っていただきました。

各グループからの振り返りを聞いて、改めてこの課題の難しさと重要性を感じました。
多くの参加者が、クライアントの主訴をつかみ、それを適切なタイミングで共有することの難しさを指摘していました。

ある参加者は、「問題の共有をしっかりしようと意識しすぎて、かえって焦ってしまった」と振り返りました。また別の参加者は、クライアント役を経験して初めて、「問題共有の明確さがクライアントの理解を深める」ことに気づいたそうです。

これらの感想を聞いて、私は改めてキャリアカウンセリングの醍醐味を感じました。クライアントの話を丁寧に聴きながら、その中から本質的な問題を見出し、それをクライアントと共有する。この過程こそが、キャリアコンサルタントの真髄だと言えるでしょう。

参加者の皆さんにこの難しさに果敢に挑戦してほしいという思いから、「思い切り失敗してください。派手に転んでも大丈夫です」と伝えました。なぜなら、この安全な環境での挑戦と失敗こそが、真の学びと成長につながるからです。

また、國分康孝先生の言葉を引用しながら、「キャリアコンサルティングとは問題発見である」という考え方を共有しました。問題を正確に把握し、クライアントと共有できれば、解決への道筋は自ずと見えてくるのです。

今回の勉強会を通じて、参加者の皆さんが少しずつでも成長を実感し、自信をつけていく様子を見ることができ、主催者として大きな喜びを感じました。
同時に、キャリアコンサルティングの奥深さと、それを学ぶ過程の面白さを改めて実感しました。

来週も同じテーマで練習を続けます。今回カウンセラー役を経験できなかった方にも機会を提供できるよう、グループ分けを工夫する予定です。
この勉強会を通じて、参加者の皆さんがより高度なキャリアコンサルタントとして成長し、多くのクライアントの人生に ポジティブ な影響を与えられるようになることを願っています。
そして、そのプロセスに寄り添えることが、私たち主催者の喜びであり、使命だと感じています。
キャリアコンサルティングの学びに終わりはありません。これからも共に学び、成長し続けていきましょう。

上部へスクロール