キャリアカウンセリング実践勉強会

先日開催されたキャリアコンサルタント向けの実践勉強会は、参加者がそれぞれ異なる視点から同じ話を聞き、自分なりの返し方をすることで、キャリアコンサルティングの多様性を実感する場となりました。参加者は、共感しようとする中で、それぞれが異なる反応を示すことから、個々の感じ方の違いや、クライアント一人ひとりに寄り添うことの大切さを学びました。

また、参加者自身がクライアント役を経験することで、実際に感じたことや悩みを共有し、他の参加者からのフィードバックや寄り添いを受け取ることができました。この経験は、会社の研修などでも活用できると感じた参加者もいました。

初めて参加した方も、同じ話を聞いても受け取り方が異なることに気づき、人によって違うということを実感しました。資格取得の際に学んだことを思い出し、クライアントとのすり合わせの重要性を再認識しました。

参加者は、自分が思っていたこととクライアントの見ている景色が異なることが多いと感じ、しっかりと聞くことの重要性を再確認しました。また、感情を表す言葉の語彙を増やすことの必要性や、伝え返しの技術をカウンセリングの中で繰り返すことの大切さを学びました。

この実践勉強会は、参加者が自分のスキルを磨き、クライアントとの対話を深めるための貴重な機会となりました。次回の勉強会も、さらなる学びと成長を楽しみにしています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です